PacPac: 手指ジェスチャ検出式テーブル型インタラクティブディスプレイシステム

概要:

PacPac(読み: ぱくぱく)は、液晶ディスプレイとオーバーヘッドカメラを用いたテーブル型インタラクティブディスプレイシステムです。
多人数での同時使用に対応した高速な画像処理技術をベースに、非接触手指ジェスチャ入力およびテーブル上での物体検出に対応します。

IMG_6108

□PacPacって何?:

テーブル型の大型ディスプレイを用いたインタラクティブディスプレイシステムです。高速画像処理技術により、手指ジェスチャ入力を始めとした様々な入力動作を用いたインタラクションが可能です。

□PacPacテクノロジーの可能性:

1. 「非接触手指ジェスチャ入力」
タッチスクリーンのように直接画面に触ることなく、様々な手指の動きで軽快な入力が可能です。

2. 「様々な入力動作」
非接触手指ジェスチャに加え、オーバーヘッドカメラの拾い検出範囲を活かした物体検出も可能です。
tabletopInteraction

3. 「多人数での同時使用」
高速画像処理技術により、高速性・軽快性・低遅延性を損なうことなく多人数同時利用が可能です。
IMG_5992

4. 「様々なアプリケーション」
様々な入力動作を組み合わせた子供から大人までも楽しめる様々なアプリケーションが実現可能です。

5. 「シンプルなハードウェア構成」
液晶ディスプレイとPC、また天井に固定するだけのカメラのみで構築可能です。
センサー(カメラ)部は一度取り付けてしまえば長期間メンテナンスフリーです。

6. 「どんな大きさでも」
ディスプレイ大きさに制限はありません。数十インチから百インチ超の超大画面での多人数同時使用にも対応可能です。

□PacPacの応用可能性:

・エンタテインメントシステムとして
・イベント等でのテーブル型サイネージとして

□FAQ・その他について:

実機の体験(デモ)について
→ 可能 です。

都内、電気通信大学および東京工業大学にある研究室にて体験頂けます。
お問い合わせ下さい。

展示依頼について
→ 可能です。

当社が直接対応可能です。
お問い合わせ下さい。

教育・福祉施設への貸し出しや割引について
→ 可能です。

当社、もしくは大学研究室で対応できる範囲の規模・期間で無償もしくは安価にて貸し出し致します。
お問い合わせ下さい。

□映像資料:

・展示例(大学オープンキャンパスイベント内)

・展示例(一般向け親子連れイベント)

  

(株)対話型メディア技研

東京都調布市調布ヶ丘1-5-1
電気通信大学西11号館 401号室
Mail: info@imedia-giken.com